であいケイサイトの選び方2016.club/

であいケイサイトの選び方2016.club/

PCMAX
会員数400万人を突破した日本最大級の老舗出会い系

 

PCMAXは利用料金が業界最安値!なぜなら定期的にとってもお得なキャンペーンを実施しているので通常の利用料金の半額以下でご利用頂くことができるのです!

 

ミントC!Jメール
会員数450万人を誇る出会い系!

 

Jメールは会員数450万人を誇る出会い系サイト!出会いをプロデュースして29年目の『ミントC!グループ』が運営しています。気になった方とのメールを通して、ステキな出会いを見つけてください。

 

ハッピーメール
日本最大級の会員数を誇る優良恋愛コミュニティ!

 

運命の出会い・恋人探しを出会える登録無料出会いコミュニティサイト、ハッピーメールで見つけよう! ハッピーメール(happymail)はあなたにぴったりな方と出会える無料マッチングサイトです!

 

お役立ちコラム

普通に生活していたら、出会いに特別お金など費やさずに、無料で済むと思います。知り合いにお金を払って今つき合っている彼女、もしくは彼氏を紹介してもらった、なんて話はほとんど聞いたことありません。普通はお金なんて使いません。当然無料です。よほどの悪質サイトにでも引っかからない限りは。(1)友達の紹介、というパターン。披露宴などで、出会ったきっかけを紹介する際にとてもよく聞くケースです。なかには、必死で「婚活」をし、結婚相談所で出会ったにもかかわらず「友達の紹介で出会った」と周囲に言う人もいます。結婚するはこびになったら、友人や家族から、今の彼氏(彼女)と何処で出会ったのか聞かれたら「友達の紹介」と言えば、健全なイメージをもたれるであろうから、そう言う人もいる可能性は十分あります。結婚相談の会社で斡旋してもらった、と言ったらあまり良いイメージはもたれませんよね。(2)職場結婚、というパターン。無料で出会いを探すのに、これほど楽なものは無いのではないでしょうか。なぜなら、同じ勤め先ということは、1日の内かなりの時間を過ごすわけですから相手のことを大雑把にでも理解できています。また、社内のクラブ活動みたいなものに入っていて、休日も会う事があれば、相手に対する理解はより深まるものです。(3)合コンで出会える、というパターン。友達が開いたものに参加したり、自ら企画したりして、多くの出会いを求めていけば、より高い確率で出会えます。

出会い系サイトのデータというのは掲示板に投稿があったり、メールが送られた場合には毎日保存をしておかなくてはいけません。このデータをどんどん保存していくとプログラムを使っていく上でもしかすると悪影響が出る恐れがあります。出会い系サイトを利用したことがある人の場合には出会い系サイトの管理人から読んだメールを捨てるように言われている人も多いと思いますが、捨てないとどんどんたまって大変なことになるからなんだそうです。出会い系サイトの管理人というのは毎日24時間体制で出会い系サイトの掲示板の書き込みなどをチェックしているようで意外と出会い系サイトのデータというのは大変なんだそうですね。 出会い系サイトに限ったことではないのですがレスポンスが遅かったらその出会い系サイトは、廃れてしまうと思います。やはりスムーズに使えるような出会い系サイトを利用したいと思っている人は多いと思います。また携帯の出会い系サイトでも共通して言えることなのですが利用する人が多いとどうしても速度が遅くなってしまいますが、出会い系サイトを選ぶときにはボタンを押してから3秒くらいで画面が変わるくらいの速さのところを選んだほうが使いやすいのではないでしょうか。

健全な出会い

「出会い系サイト」という言葉を聞くと、犯罪の温床のようなイメージをもつ人が少なくありません。しかし、そのようなイメージを持つ人のほとんどが、出会い系という言葉に対する認識が少しずれています。 まず理解していただきたいのが、出会い系サイトそのものは悪ではない、というポイントです。たしかに、出会い系サイトが犯罪の舞台になることもあります。中には悪質な出会い系サイトも存在するのも事実です。しかし、全ての出会い系サイトが悪質サイトではありませんし、利用することが犯罪ではありません。健全な出会いを目的としたサイトも存在するのです。 ただし、健全なサイトであっても悪意のある利用者が存在する場合もあります。基本的に出会い系サイトは人々が集う「場所」であると認識するべきなのです。「場所」と言われても、バーチャルの世界ですのでイメージの沸きにくい人もいるかもしれません。しかし簡単なことです。現実世界に置き換えて考えてみましょう。 まず健全な出会い系サイトですが、これはズバリ「街コンのパーティー会場」のようなものです。街コンでは、出会いを求めた複数の人が特定の場所に集いますよね?自治体が主催することも多い健全な出会いの場ではありますが、悪意ある参加者がいる可能性もあります。 これに対し悪質な出会い系サイトは、「違法な交流を目的としたパーティー会場」といえるでしょう。そこに集う人たちは基本的に悪意ある犯罪者と、騙されるなどして参加し犯罪に巻き込まれる被害者たちです。 このように目的の善悪はともかく、「出会い」という目的をもった人々が特定の場所に集まるということは、現実世界で当たり前に行われていますよね? しかし、「出会い系サイト」という言葉から、イコール後者を連想してしまう人が圧倒的に多いのです。 たしかに出会い系サイトと現実のパーティー会場とでは決定的に違う部分があります。それはやはり、あくまでも仮想空間であるということです。実際に相手の顔や集う「場所」が肉眼で確認できないところから、コミュニケーションがスタートするのです。相手を肉眼で確認できる現実世界では、相手の人相や場の雰囲気など、自分の五感で察知して危険回避をすることが出来ますが、仮想空間ではそうもいきません。しかし、それは出会い系サイトに限ったことではありませんよね?ネットショッピングやビジネスにも言えることです。どのような目的であれ、インターネットという仮想空間を利用するに当たっては、判断力をより慎重に研ぎ澄ます必要があるのです。

サクラについて

出会い系サイトとサクラについてですが出会い系サイトにはサクラと呼ばれる本当の客ではない雇われてメールを送ったり掲示板に書き込みをしている人が多いといわれています。無料の出会い系サイトの場合には得にサクラは多いといわれていますが、有料の出会い系サイトにもサクラはいるのでしょうか。出会い系サイトで真剣に出会いを求めているのにその相手がサクラだった場合には時間もお金ももったいないですよね。何より真剣に出会いを求めて有料のサイトを選んでいるのに意味がないと思います。出会い系サイトではサクラはどんな感じで接してくるのか、紹介してみたいと思いますから自分の目で感じて出会い系サイトのサクラであるかどうかを判断できるといいですね。 たとえばいきなり体の関係を逆援で申し込んでくるようなメールをしてくるのは普通の女性ではないですね。きっと出会い系サイトのサクラではないでしょうか。また、会話がなんとなくかみ合わないと思った場合にも出会い系サイトのサクラであることが多いといわれています。サクラのバイトをしている人は何人もの相手を受け持ってサクラをしていますから前に話していた内容をきちんと覚えている人は少ないようです。ですから以前話した内容を又聞いてきたりした場合には出会い系サイトのサクラの可能性が高いので注意した方がいいですね。

街コン

出会い系という言葉って、絶対に手を出してはいけないブラックな世界というイメージがありませんか?しかし、じつはそんなこともないのです。というよりも、私たちは知らず知らずに出会い系のツールを利用しています。いったい、私たちはいつどこで出会い系を利用しているのでしょうか?その答えはSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)です。 もちろんSNSがイコール出会い系ツールというわけではありません。SNSもその利用方法次第で出会い系ツールになりえる、ということです。LINEやフェイスブック、ミクシィなどさまざまなSNSが存在していますが、それらを利用して新たな出会いを求めた時点で、SNSは出会い系ツールとなるのです。 そもそも「出会い系」という言葉にはハッキリした定義がありません。バズワードの一種なのです。つまり、出会い系という言葉をそのまま解釈するならば、「異性同性を問わず新たな人物と出会うためのツールや方法」となります。実際に出会い系の元祖は、パソコンが普及する前の時代に一部の人たちが利用していたBBSである、と言われているのです。このBBSは異性との出会いに限定したものではなく、同じ趣味を持つ人などが集うためのものでした。ある意味では今流行の街コンも出会い系と呼べるでしょう。 つまり、出会い系というものは私たちが思う以上に、私たちにとって身近な存在なのです。必要以上に恐れていては、視野を狭くしてしまう可能性もあります。警戒するべきは悪意ある利用者、運営者、主催者です。

悪質サイトや悪意ある利用者を見抜く

出会い系サイトを利用する際に心がけなければならないことは、たくさんあります。それらがなければ、出会い系で人生に幸福をもたらすような出会いをすることは出来ないかもしれません。 まずは、あくまでもインターネットという仮想空間でのやりとりになる、というポイントです。直接相手の顔を見ることが出来ないまま出会いがスタートします。ここでいう出会いとは、なにもサイト上で知り合った相手のみではありません。そのサイトの運営者も同様です。これは街コンをはじめとした現実世界の出会い系イベントと決定的に違う部分であり、最大限の注意が必要な部分でもあるのです。 次に挙げられるのは、感情に流されずに冷静な判断をしなければならない、というポイントです。悪質な違法サイトの多くは、人間の感情を利用した手口で利用者からお金を騙し取ります。たとえばサクラを利用して架空人物を演じさせ、その架空人物に恋愛感情を抱かせるように仕向ける手口です。出会い系サイトを利用する人には現実世界での恋愛経験が乏しい人も多いため、格好のターゲットとなります。サクラに恋愛感情を抱かせ、大量のメールを送信するように仕向けられるのです。恋愛経験の乏しい人は、それまで異性とのメールのやりとりなどほとんど経験のなかった人も多いものです。そのような人にとって、異性とのメールのやりとりは非常に新鮮で、のめりこんでしまう可能性も高くなります。メール一通あたりに課金されていることを忘れ、気がついたら莫大な金額になっていた、というケースも多いのです。この手口はあくまでも一例で、同情心や金銭欲につけ込んだ手口も存在します。 最後に挙げられるのは、自分自身が犯罪者とならないように気をつけなければならない、というポイントです。出会い系サイト絡みの犯罪のほとんどが、18歳未満の児童に対する犯罪です。犯罪者となった人のほとんどが、自分が罪を犯しているという自覚がない、もしくは相手が18歳未満だと知らなかった状態で罪を犯しています。 このようなポイントを心がければ、自然と悪質サイトや悪意ある利用者を見抜くこともできるようになるでしょう。

SNSの本質

SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)は現在、日本中の若者が当たり前のように利用するようになりました。無料で通話、チャット、掲示板も利用出来ますし、ちょっとした暇つぶしにゲームをして友達と競うことも出来ます。とくにチャット機能を有するSNSはもはやメールの代用として利用されるようになり、複数の友人と同時にチャットを楽しんだり、旅行やちょっとしたイベントなどの打ち合わせにも利用したり、非常に利便性の高いものとなっています。 このように内輪での通信手段として利用できるSNSですが、同時に見ず知らずの他人とも連絡を取れるという側面もあります。むしろ、そちらこそがSNSの本質です。しかしお気づきでしょうか?見ず知らずの他人と簡単につながることができる、ということは、出会い系サイトと同じなのです。SNSとは便利な通信手段であると同時に、危険性を秘めた出会い系ツールでもあります。 じつは出会い系サイトを利用した犯罪は、現在少しずつ減少傾向にあると言われています。これは法律の改正によって出会い系サイトへの規制が厳しくなってきたことが要因となっていますが、じつはそれだけではありません。出会い系サイトを悪用していた犯罪者が、SNSにそのまま移行してきているため、とも考えられているのです。 実際に最近は出会い系サイトによる犯罪よりも、SNSを利用しての犯罪の方が増加しています。しかし、SNSはあまりにも普及率が高く、日本経済を牽引するほどの市場に成長しています。安易に規制してしまえば、国家の経済に影響してしまうのです。もちろん、異性と出会うことを目的にSNSを利用することは禁じられており、SNS運営者はそれを監視する義務があります。しかし、SNSは「非出会い系サイト」として分類されることから、身分証の提示など必要なく、だれでも簡単に登録、利用できてしまうのです。つまり、監視の目が届かないところでいくらでも悪用可能なのです。ちなみに出会い系サイトの場合は利用者を個人確認を身分証の提示などによって行うことが法律で義務付けられています。 SNSが社会に定着した現在、犯罪者から身を守るために必要なのは利用者自身の警戒心なのです。顔の見えない相手を安易に信用しないこと、未成年が利用する場合はしっかりと保護者が監督すること、そのような基本的な部分を徹底すれば、SNSも出会い系サイトも素晴らしいサービスとして利用できるでしょう。